家をきれいに保ちたいなら絶対してはならないこと

家をきれいに保ちたいなら絶対してはならないこと

広い家なら

PAGETITLE
広い家なら、物がたくさんあっても置き場所に困らないと思いますが、狭い我が家では片付け上手にならないと、居場所が無くなってしまいます。それに、家自体が古いので、ホコリが溜まりやすく、毎日の掃除が欠かせません。
掃除は毎日のことなので、効率良くするために、気を付けなくてはならないことがあります。それは、床に物を置かないことです。
例えば、雑誌、新聞やカタログなど「そのうち見るから」と取りあえず床に置いておく人がいますが、これは止めた方がよいです。
「そのうち」というのは、いつになるか分かりませんし、そうこうしているうちに新刊が出て、結局見ないで終わってしまうことが多く、これが掃除の時に邪魔になります。
いちいち動かして、掃除機をかけるのは面倒くさいものです。
動かさずに掃除しているとホコリが溜まりやすくなり、返って面倒なことになります。すぐに読まない雑誌などは、早めに処分して、もしどうしても取っておきたい時には冊数を決めて、それ以外は処分するというルール作りが大切です。

このルールを守るだけで、掃除が行き届いた綺麗な部屋で過ごせると思います。

Copyright (C)2017家をきれいに保ちたいなら絶対してはならないこと.All rights reserved.