家をきれいに保ちたいなら絶対してはならないこと

家をきれいに保ちたいなら絶対してはならないこと

家をきれいに保ちたいなら絶対しない方が良いのが

PAGETITLE
家をきれいに保ちたいなら絶対しない方が良いのが、床に物を置くことと、使うかもしれないと物を貯めこむことです。

床に色々な物が置いてあると、掃除機も非常にかけづらいです。
見た目も乱雑で汚らしく見えるし、決してきれいな家とは言いがたいでしょう。ソファや収納家具は仕方ないけど、それ以外のカバンや洋服、箱など、何も無い方が人も動きやすいし、掃除もしやすいです。
隅っこにホコリも溜まりにくく、いつもきれいに保つことができます。
家の中に物が多すぎると、収納しきれず、行き場の無い物が床に放置される場合もあります。だから、不必要な物を貯めこまない事も重要です。
使うかも?と思っている物の中には、案外、必要ない物も多いのです。
思い切って捨ててしまうことも、きれいに保つコツでもあると思います。
ゴミも溜まったら早めに出すなど、食べ残し飲み残しも極力出さない様にすることも肝心です。
山盛りになったゴミ箱は、不衛生な上に汚らしく見え、部屋の美観を損ねます。食べ残しも何となくだらしなく見えるので、部屋に放置するのは止めた方が良いでしょう。

おすすめ情報

Copyright (C)2017家をきれいに保ちたいなら絶対してはならないこと.All rights reserved.